生産技術

生産技術

生産技術-ダイカストは品質の根本 1.彫刻: 注文決定後、お客様からご提供した画像によって、金型設計部が製品と金型の3Dモデリングを製作します。デザイン部が技術部と確認後、金型彫刻部が需求によって、CNC、放電加工やエッチングなど技術でモールドコアを作り出します。場合により、特殊なモールドベースを製作必要可能性もあります。金型が製作完了後、ダイカストを試作して、最後は設計と生産について調整します。お客様に試作品をご確認頂いた後、金型が完成します。製品の量産に進めます。 2.ダイカスト: 製品のモールドコアとモールドベースをダイカストマシンに設置後、炉内温度や注入速度の圧力を調整して、必要の場合は水路を設置します。 設置完了後、半製品の品質を確認して、自動化ダイカストを設定して、量産を始まります。また、出来上がった部品の縁に余計な材料を取り外すこそ、独立な部品になれます。 3.研磨 金属も例外なく、射出成型製品はパーティングラインがある。ふたつの金型を合わせたところに溶けた材料を流し込んで現れたハリです。場合によって違う器具で人工や半自動な方法で研磨します。時々部品が温度差や微量な気泡に影響され、目で見にくい平滑してない状況があり、研磨作業に通じてメッキ表面の艶さと平滑度を上げられます。ミラー効果までできます。 4.メッキ 亜鉛合金ホットチャンバーダイカストを採用して、ハリを取って、部品を洗浄して、表面を滑らかさせます。 シアン化銅、ピロリン酸銅、硫酸銅などで銅メッキベースを作り出して、また上にニッケルをメッキして、最後に他の色メッキします。その後はシーリング材を塗ります。 ダブルメッキ カラー電気泳動 特殊メッキ 5.色入れ 研磨、メッキした半製品の凹部分に着色剤を流し込むことは、色入れであります。 仕様としては3種類あります:ラッカー、エポキシ、擬似七宝。 ラッカーはツヤのないマット仕上げで、固化したエポキシは鮮やかで麗しいツヤ感仕上げです。 擬似七宝は半製品研磨後着色剤を入れ、固化したから色分けの金属線が出るまで研磨し続き、最後にメッキします。 故に、擬似七宝の製品にはほんの少し研磨の痕跡が残し、金属線と色入れはフラットになります。 ラッカー / エポキシ 擬似七宝 デジタル印刷 スプレーペイント 6.包装 運送保護用だけではなく、大事な見た目として、売上げにも影響を与えます。 長年の経験によって、我々は包装資材の特性を熟知していて、様々な資材メーカーと協力して、あなたの製品をより輝くに見えます。 今日、我々に連絡し